京都 舞鶴市 男女共同参画週間講演会のご感想・評判

「自分らしく生きる」~性的違和を乗り越えて~

日時:平成28年6月27日(月)

【1】あなたはこの講演会に参加するまでに
「性的少数者(性的マイノリティ)」または
「LGBT」という言葉
両方またはどちらか一方を知っていましたか。

【2】講義はいかがでしたか?

③ふつう ④あまり良くなかった ⑤よくなかった は解答なし。

清水展人 講演を聴いて性的マイノリティについての印象と感想

▷先生の体験談を拝聴してこれまでわからなかった部分が
少し理解できるようになりました。
これからも勉強してより深いものに
していきたいと思いました。


その人らしく(自分らしく)生きるとよく言われますが、
性的マイノリティ、様々な人の生き方にまで
広く考えてこなかった。

今日その本人の言葉を聞くことができて
大変貴重な時間を過ごすことができた。


▷性的マイノリティという人が
AB型とか左利きぐらい存在するという
具体的な数値を知って身近なことと思えた。


▷清水先生の過去のことなどを聞いて、
今まで以上に性的マイノリティの人への理解を
深めようと思いました。


▷今回の講演会に参加させていただいたことにより、
性的マイノリティについて意識を持つことが
できるようになりました。


▷自分の身近な人で「LGBT」をもった人がいても
普通に接していきたいと思った。

また、自分の子供が100%ならないというわけではないので、
とても為になりました。

相手の方が「LGBT」を言い出しやすい環境を作る。

言い出しにくい環境を作らないということがわかりました。

一人ひとり違った個性があるのでその短所ばかり見るのではなく、
長所を見つけ出すことが大切。


▷自分をごまかさず、本当に自分がしたいことに向けて
積極的に行動、発信していく姿にすごく感動しました。


▷講師自身の体験を踏まえた貴重な話が聞けたので
参加してよかったと思います。


▷学校での授業で学習したことはありましたが、
実際にお話を聞くことはなかったので驚きが多いです。

これからの自分の考え方や行動が変わりそうです。


▷知識として持ってはいたが、

自分の中にどのような思いをして生きているかを

知らなかったために偏見が大きかったが理解できた。

清水さんの過去の体験談は興味深かったです。


▷LGBTの方が約13人に1人と聞いてびっくりしました。

清水展人先生が、AB型の方や左利きのかたと人数が同じ
と聞いたときにとても身近に感じました。

性同一性障害の方は堂々と生きているイメージ
(テレビの影響でしょうか)があったのですが、

とてもとても苦しんでいらっしゃる事、
生きにくいと思っていらっしゃる方がいるんだなと
気づくことができました。

清水先生が発信してもらうことが大事と
おっしゃられていたのを聞いて、私もいろんな方に
お伝えしていけたらなと思いました。

偏見がなくなる世界がくるといいなと思います。


▷世の中には多様な人がおり、
一人ひとりを尊重することを低年齢から
学ぶ機会があると思った。


▷私が中学の時から友達やクラスの中で
「同性の子が好きだ。」と、言っている子が
何人かいたのですが、
それを変だと思ったことはありませんでした。

それを性格だと受け入れていたからです。

今日のお話を聞いて今まで性別とか
意識したことあまりありませんでしたが、
「男?女?」というだけでも傷つくと実際の声をきいて
気を付けようと思いました。

今日はありがとうございました。


▷8%がLGBTということに驚いた。

将来的に法整備が進み、意識も変わったとすると、

人が多様な生き方をする事が出来る社会が

来ることになると思うので、楽しそうだと思いました。


▷多くの困難をのりこえて自分が本当にしたいこと、
自分の本当の姿を隠さず積極的に行動する姿に
とても感動しました。

今日の講演を聞くまでに、
LGBTという言葉を知りませんでした。

今日の講演を聞いただけではすべてを知ったとは
言えないと思いますが、今日の内容について
しっかり胸にとどめておきたいと思います。
ありがとうございました。


▷本日は貴重なお話をありがとうございました。

私はLGBTに関して存じ上げていませんでした。
その中で清水展人さんのお話をお聞きして心にしみました。

今後、何か発信していけたらと思います。


▷ご自身の体験をお話ししてくださり、
生の声を聴くことができてとてもよかったです。

13人に1人、LGBTがいるとは知らなかったので、
今まで出会ってきた方々の中にも言えなくて
悩んでいる方もいたのかなと考えさせられました。

自分らしく生きるとは簡単なようで
”みんなと一緒”の考え方が難しくさせて
いるのだと思いました。

まずは現状を知ることから理解を広めていく必要が
あるなと感じました。

本日はありがとうございました。


▷2016年6月にでた新しいアンケートでは
セクシャルマイノリティは8%ということであり
以前よりも増えてきているということを
告白しやすい環境も少しづつではあるけど
進んできているのかなと思いました。


▷相手の気持ちに早く気づいていける人に
なりたいと思いました。

自分の子供にもしも同じような子が出来たとき、
私はその時どうすることができるのかと
深く考える事が出来ました。

一人ひとりに違った個性があるので
その個性をさけたりするのではなくその人の長所、
良いところを発見することが
大切であるということがわかりました。

私の友達の友達にも体は女性なのに
心は男性という人がいます。

初めて聞いたときは驚きを隠せませんでした。

今回の講演会でこれからの理解や考え、
接し方もこれから見直していこうと思います。

いろいろな形で私の周りにの方々にも
こういうことがあるんだ、あったんだと
広めていきたいと思いました。

外見、見た目だけで決めつけることは
絶対にしてはいけないと改めて感じることが出来ました。

本日はありがとうございました。


▷とても有意義な講演でした。

テレビやニュースなどで耳にすることは
今までにもありましたが、
自分とは遠い話と感じていました。

しかし本日の講演により、
性的マイノリティに関して身近なものと感じ、
自分自身新しい考え方見方を持つことが出来ました。


▷性的マイノリティの人のことを
理解しているつもりでしたが、
今まで以上に理解が深まりました。

また、今日の話を身近な人に話して
発信していこうと思いました。


▷本人の経験をお話しいただき、
LGBTの方の現状を知ることが出来ました。

実際には13人に1人いるということなので、
行政職として対応していく必要があると感じました。


舞鶴の新鮮な情報発信 Maipress-マイプレス- にも掲載されました!

↓↓ 画像をクリックでご覧ください。

LGBT 性的少数者 存在知って